Twitcasting Status | WordPress Plug-in

This is the official support page of “Twitcasting Status”, a WordPress widget plugin.


What is “Twitcasting Status”

“Twitcasting Status” is a widget plug-in for self-hosted WordPress site to display the live/offline status of a Twitcasting channel, using your desired image.

Enter a Twitcasting (Twitter) ID, and it will fetch the online/offline status. Then it will display the online/offline status image of your choice.

If you have Twitcasting Status on your WordPress site, the site visitor can see it when Twitcasting is live. One addition to attract more viewers to the live cast.

This website is, of course, using the widget. However, I’ve modified to hide it when it’s not live. You only get to see the image when it’s live.

This plug-in is based on my add-on for concrete5 CMS. I also made the similar plug-in for Ustream.

What is Twitcasting

.Twitcasting is the light-weight & easy live casting service from your iPhone or Android using your Twitter or Facebook login. No registration is required. You can start the live casting right away.

Twitcasting meant to provide very easy and quick live casting mainly from your iPhone or Android.

I. Katz Ueno, is not affiliated with Twitcasting. You need to ask Twitcasting directly for the question about the service itself.

Download, install & how to use it

It’s very easy to use!

Current version is 1.0.0 released on June 28, 2011 (JST).

Automatic Installation

  • Login to your WordPress site.
  • Clock “Plugins
  • Click “Add New”
  • Search “Twitcasting Status”
  • Click install
  • Click activate

Manual Installation

Prepare your online and offline image

  • Create two images that indicate online/offline status of your twitcasting
  • Go to “Media” – “Add New”
  • Upload those images
  • Make the notes of URLs of those images

* You don’t have to host the images on WordPress server. You just need to store the images on the Internet and the URLs to them.

How to set up your widget

  • Go to “Appearance” and “Widget”
  • Drag and drop the “Twitcasting Status” widget to your desired widget location
  • Enter your desired Twitcasting ID
  • Enter the two (2) URLs of the online and offline images that you want to display

That’s it

It will display like


How to set up your shortcode


Twitcasting Shortcode Format
  • Account Name: Enter the channel name (Or you can enter the full URL of a Ustream channel)
  • Online Image URL: Enter the full path to the online image.
  • Offline Image URL: Enter the full path to the online image.

Shortcode Example:

Twitcasting Statius Shortcode Sample

Disclaimer: 1 min

Twitcasting API only allows you 60 calls per min per IP address.

Therefore, this plug-in only fetch the online/offline data from Twitcasting Server once a min. You may have to wait for 60 seconds until you see the changes. Please be patient!



Help and send us pull request.

Version History

  • 2.0.1 – Aug 29, 2015
    • Fixed the bug that embed code was not output properly.
  • 2.0.0 – Aug 4, 2015
    • Multiple channel support added
    • Shortcode support added
    • Tested upto 4.3
  • 1.0.1 – June 28, 2011
    • Fix some bug
  • 1.0.0 – June 28, 2011
    • Adding the cache (by using Transient API)
    • The first very stable (1.0.0) release since I’ve added cache
  • 0.9.1 – June 24, 2011
    • Fixing the file structure
  • 0.9.0 – June 23, 2011
    • The initial version. This is in beta but it should work ok.

Did you like it?

Please give us your feedback, and support open source community. I also made the similar Twitcasting status add-on for concrete5 CMS. (and the similar add-on for Ustream.)

I DO NOT provide any guaranteed support. However you can drop me a line or tweet at @katz515

  • Help me rate this plugin ONLY if you like it :p or promote this plugin!
  • Support Forum
  • Support concrete5 CMS (I’m the head of Japanese language team)
  • Support WordPress, attend WordCamp (I’m a committee member of Nagoya, Japan).
  • Support open source community
  • Join open source communities (especially concrete5 and WordPress).

Or maybe you may want to click the following button so that I may include new features.

Happy Twitcasting!


### Japanese ###



「ツイキャス・ステータス」とは元々 concrete5 用に制作したアドオンを、WordPress のウィジェット用プラグインに改造したものです。




.Twitcasting とは、Twitter や Facebook などの既存のアカウントを使用し、ユーザー登録の必要ない、 iPhone や Android などを使って手軽な生放送をするための生放送配信サービスです。





  • WordPress サイトにログイン
  • 管理画面「プラグイン」より新規追加
  • “Twitcasting Status” を検索
  • インストールをクリック
  • 有効化をクリック


  • プラグインをダウンロード
  • ZIPファイルを解凍
  • 「/twitcasting-status/」 フォルダーをそのまま 「/wp-content/plugins/」以下にアップロード
  • WordPress にログイン
  • 管理画面の「プラグイン」一覽ページより有効化


  • 「生放送中」「オフライン」用の画像を制作します。同サイズが吉
  • 管理画面の「メディア」から「新規追加」
  • 画像をアップロード
  • アップロードされた画像の URL を書き留める

* なお、WordPress のライブラリに画像をアップされなくてもかまいません。必要なのは画像が保存されている URL です。


  • 管理画面の「外観」-「ウィジェット」に
  • 「Twitcasting Status」をお好きな場所にドラッグアンドドロップ
  • 希望する  Twitcasting (Twitter) ID を入力
  • 「生放送中」「オフライン」の画像保存先URL を入力して保存




Twitcasting Shortcode Format
  • Account Name: アカウント名を入れてください (Twitcasting チャンネルの URL 全体でも構いません。)
  • Online Image URL: 配信中に表示されるイメージを入力ください。
  • Offline Image URL: オフライン中に表示されるイメージを入力ください。

Shortcode Example:

Twitcasting Statius Shortcode Sample






このプラグインでは、WordPressサイトにどれだけアクセスがあっても 1分間に1回以上、ツイキャスサーバーにステータスの問合せをしないように、キャッシュ機能を入れています。

画像が変わるまで、最高 1分間お待ちください。






  • 2.0.1 – 2015年8月29日
    • ショートコードがうまく出力されないバグを修正
  • 2.0.0 – 2015年8月4日
    • 複数チャンネルサポートの追加
    • ショートコード機能の追加
    • 4.3 までテスト
  • 1.0.1 – 2011年 6月28日
    • バグの修正
  • 1.0.0 – 2011年 6月28日
    • キャッシュ機能を追加 (Transient 機能を仕様)
    • キャッシュ機能を付けたのでバージョンを「1.0.0」に
  • 0.9.1 – 2011年6月24日
    • ディレクトリー構造バグの修正
  • 0.9.0 – 2011年6月23日
    • 最初のリリース


concrete5 バージョンは、3種類の画像を選択できる簡単な仕様となっています。この他にも Ustream の放送ステータス表示できるようにしたアドオンを開発しています。

サポートは基本的になしですが、フィードバックはこちらで受け付けます。 Twitter は @katzueno です。

  • プラグインの格付けやブログ、Twitterなどで宣伝してやってください
  • concrete5 も使ってね(小規模ホームページから大規模サイトまで最適)
  • WordPress をもっと使おう
  • 各地の WordBench 勉強会に参加しよう
  • 他の勉強会などに参加しよう(特に concrete5 ( ̄ー ̄)ニヤリ)


* ネット寄付はアメリカ法人で受け付けています。

  • ワードプレスで このプラグインを使用したいと思っています。



    • ご意見ありがとうございます!